Lightshadow 02 | ライトシャドウ 02 2004




椅子の下面に色を塗ることで、床に映る影に色を与える。
モノとモノの距離や関係性を影(色)の濃淡によって表現し、新しい
空間をつくり出すインスタレーションのシリーズ。
影(色)の濃淡をグラデーション的に変化させるため、椅子の大きさ・高さを

段階的に変えている。これにより、様々な座り方を喚起する
5つの異なるサイズのスタッキングチェアとなった。

 

主要用途: チェア
企画・プロデュース: 東京画廊
施工: 三輪ノブヨシ
竣工年: 2004年

 

(c)Ben Nagaoka, point(JAPAN) All Rights Reserved.